肌や軟骨の衰えを防止|偏頭痛が収まらないなら専門病院に受診しよう

偏頭痛が収まらないなら専門病院に受診しよう

夫婦

肌や軟骨の衰えを防止

コラーゲン

動物や魚が原料

コラーゲンとは肌や軟骨の構成成分ですが、これはアミノ酸をもとに体内で合成されます。ところが年をとるにつれて、コラーゲンの合成量は減っていきます。これにより肌や軟骨が衰えやすくなるので、多くの人が健康食品でコラーゲンを補っています。コラーゲンは動物や魚の皮や軟骨にも含まれているのですが、健康食品はこれらを原料として作られています。動物や魚のコラーゲンは、人間の体内のものとは性質が多少異なっています。しかしこれらを酵素でペプチドになるまで分解したものを摂取すれば、そのペプチドは体内で人間のコラーゲンとして再合成されるのです。結果としてコラーゲンが増えることになりますし、これにより肌や軟骨の衰え防止が可能になります。

風味を楽しみながら

コラーゲンの健康食品には、風味を楽しむことのできるものが多くあります。特においしいということで知られているのは、ドリンクタイプやゼリータイプのものです。コラーゲンにはもともとまろやかな甘味があるのですが、ドリンクやゼリーは、これにさらに果汁やハチミツなどを加えることで作られています。そのため一層風味が良くなっていて、ジュースやデザートのように味わうことができるのです。さらに果汁にもハチミツにもビタミンCが含まれているのですが、ビタミンCは体内で、ペプチドからの再合成を促す働きをします。つまり一緒に摂取することで、より高い効果が期待できるということです。またドリンクやゼリー以外にも、飲み物に混ぜて飲むことのできる顆粒タイプのものや、舐めることのできるキャンディタイプの健康食品もあります。