偏頭痛が収まらないなら専門病院に受診しよう

家族

野菜不足や健康管理にも

サプリ

豊富な栄養を含むユーグレナは、食生活で野菜が不足している方や、健康管理を望む方にも最適な逸品となっています。ユーグレナの商品も多岐に渡って発売されていますから、商品選びで迷った場合は、口コミを参照すると便利です。また商品によって濃度が異なるため、ユーグレナの配合量を確かめたうえで買いましょう。

Read More

食事で予防する

女の人

必要な栄養素を摂る

頭痛には大きく分けて、頭蓋筋が収縮して起こる緊張性頭痛と、血管が拡張して起こる血管性頭痛の2種類があります。血管性頭痛は、動悸とともに脈打つようにズキンズキンと痛み、その代表的なものが偏頭痛です。偏頭痛は頭の片側からこめかみにかけて痛み、酷くなると寝込んでしまったり、吐き気を伴うなど日常生活に支障をきたすこともあります。血行が悪くなりその反動で血管が過度に拡張して起こるとされています。偏頭痛を予防し辛い痛みを和らげるためには、必要な栄養素をしっかり摂ることが大切です。ビタミンB2とマグネシウムを食事やサプリメントで意識的に摂りましょう。ビタミンB2やマグネシウムには血管と神経を正常に働かせる作用があり、偏頭痛の予防に有効です。

和食中心の食生活を

偏頭痛予防に役立つ成分は日本食に豊富に含まれており、普段の食事を和食中心にすることで、ビタミンB群やマグネシウムをたっぷりと摂ることができます。一人暮らしで外食が多い人や自炊が難しい人は、偏頭痛に効く健康食品やサプリメントを上手に利用しましょう。また、辛い痛みを緩和するハーブもおすすめです。例えば、フィーバーフューは昔から頭痛、発熱に効くハーブとして利用されてきました。フィーバーフューは和名を夏白菊といい菊科の多年草で白い花をさかせる植物です。菊は中国では延命長寿効果があると考えられてきました。鎮静作用があり、血流を良くして血圧を下げる働きがあります。目と頭をスッキリさせるため特に頭痛に効果があるとわれます。

肌や軟骨の衰えを防止

コラーゲン

人間の肌や軟骨のもととなっているコラーゲンは、動物や魚にも含まれています。これをペプチドにしたものを健康食品で摂取すれば、体内ではそれがコラーゲンとして再合成されます。果汁やハチミツを加えてドリンクやゼリーにした健康食品もあり、この場合、風味を楽しみながらビタミンCと一緒にコラーゲンを摂取できます。

Read More

栄養を効率よく摂取しよう

スムージー

スムージーはミキサーに材料をいれるだけで作れるので、料理をする時間も必要なく手軽に作ることができます。朝の忙しい時間でも、スムージーを作りながら他の作業が行えるので有効的に時間を使うことができます。また数多くの野菜を使用できるので、バランスよく栄養を取る事ができます。

Read More